一朴洞日記

多岐祐介の老残妄言

2021-06-14から1日間の記事一覧

メザシ

現金

今現在、少々機嫌がいゝ。久しぶりに煮た肉じゃがの、出来が好かったからだ。 学生時代同級だった大北君は、文学や芸術や政治運動やらに捩れてしまいがちだった仲間うちでは珍しく、すっきり社会人になってゆけた、都会型スマート人間だ。学生時代からの恋人…