一朴洞日記

多岐祐介の老残妄言

2021-09-16から1日間の記事一覧

食べごろ

年に一度の贅沢。 北海道出身の元村君は、札幌のホテルマンだった。あるとき一念発起、意を決して東京の大学に入学した。長年の夢だった写真の勉強がしたくてである。三十歳代後半となっていた。三月末まで勤め、四月一日の入学式にも出席したという。 「お…