一朴洞日記

多岐祐介の老残妄言

2021-12-05から1日間の記事一覧

卒業

私は押しかけ弟子だった。師にとっては、招かれざる客だった。私を、弟子などとは思っておられなかった。 東 野炎 立所見而 反見為者 月西渡(巻一、48)柿本人麻呂 ひむがしの野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれは月かたぶきぬ (賀茂真淵『萬葉考』によ…