一朴洞日記

多岐祐介の老残妄言

2022-03-08から1日間の記事一覧

凡なるもの

細谷博『漱石最後の〈笑い〉―『明暗』の凡常』(新典社、2022) 皿にこびり付いたソースをひとしずくも余さず舐め尽そうとするかのように、『明暗』一作を、これでもかとばかり精細に読込んで、解きほぐした一冊が出た。 細谷博さんは南山大学名誉教授。日本…