一朴洞日記

多岐祐介の老残妄言

2022-09-10から1日間の記事一覧

お祭

地元神社の祭礼である。毎年九月の第二週末と決っている。 立春から数えて二百二十日近辺に、どうしてもなる。雨風に祟られる年が多い。「雨祭」の異名まである。今年も例外とはならず、昨深夜から小雨となった。二日間の祭礼のうち一日めが晴天だと、明日は…