一朴洞日記

多岐祐介の老残妄言

2022-09-12から1日間の記事一覧

祭礼第二日

晴れた。二日とも晴れた。正確には、初日の深夜に降った。露払いとなって、以後の雨をすべて持去ってくれたのだろう。二日とも、暑からず寒からず。佳き年だ。 じたばたせずに、おとなしく在宅の一日とする。下手に騒いで、空模様を危うくしては、元も子もな…