一朴洞日記

多岐祐介の老残妄言

2022-10-01から1日間の記事一覧

暗い絵

野間宏(1915 - 91)、『暗い絵』執筆のころ。 ふだんは忘れていてもかまわない。世相がきな臭い匂いを漂わせだしたとき、ふと思い出して読返す気になる小説に、野間宏の出世作『暗い絵』がある。 主人公にして語り手でもある深見進介の昭和九年、十三年、二…