一朴洞日記

多岐祐介の老残妄言

ご命日

f:id:westgoing:20210921161633j:plain

詣り墓(左)と埋め墓

 埋め墓に、兄・本妻・長男(早逝)・長女桃子(作家)・事実上の妻(生涯の伴侶)ともども眠る。
 詣り墓の文字は、志賀直哉筆跡。
 背後には、サルスベリ大木。


f:id:westgoing:20210921162520j:plain

廣津柳浪墓

 昭和三年歿。享年六十七歳。
 息子およびその家族の埋め墓に向いあって。
 逆光。背後には、ケヤキ巨木。


f:id:westgoing:20210921163059j:plain

 区画内に、ツバキらしき一樹。不運な実こぼれ落つるあり、拾って供える。


f:id:westgoing:20210921163732j:plain

 裏面。谷崎精二誌、廣津桃子建之。


f:id:westgoing:20210921164013j:plain

 墓所前より、東京スカイツリーを遠望する。