一朴洞日記

多岐祐介の老残妄言

2022-09-16から1日間の記事一覧

彼岸花

かようなゴミゴミしたところで、ようこそ今年も咲いてくれました。瓦礫が多く埋っている拙宅の粗悪地にやって来て、まだ三年か四年の新顔である。 ♬ 赤い花なら曼珠沙華 阿蘭陀屋敷に雨が降る(『長崎物語』作詞 梅木三郎) 圧倒的に多いのは赤花である。金…