一朴洞日記

多岐祐介の老残妄言

口上

二年目

―― 口 上 ―― 東西とぉうざぁ~い ! かずかずブログ多いなか、ご縁をもちましてお眼汚しをかたじけのういたしましたる、あなたさまにひとこと、おん礼ご挨拶申しあぐべく、貴重なるお時間を少々頂戴いたしまする。 当「一朴洞日記」またの名を「老残妄言の記…

ぞろ目

空海(774-835) ――口 上―― 西高東低の気圧配置とか。まだまだ風の冷たい日が続いております。雪国では、記録的な豪雪の後始末に、たいそうお骨折りとうかゞっております。お住いの地域では、いかゞお過しでいらっしゃいましょうか。 迎春のお年賀以来でご…

〈口上〉嬉しきこと

2022.1.1. ―― 口 上 ―― おめでとうございます。つゝしんで初春のお慶びを、申しあげます。 貴台さま、およびご家族さまに、ひとつでも多くの、嬉しいことや愉しみなことがございますよう、お祈り申しあげます。 北国では、例年にも増して雪の元旦をお迎えと…

助走

――口上―― 記録によりますれば、本年五月三日に当ブログ立上げましてより、本日が数えまして百八十四日目。満半年を閲したることにと、あいなりましてございます。 お付合いくださいましたるありがたき読者さま、お励ましくださいましたるかたじけなき皆さま…

夜咄<口上>

――口上―― 残暑、感染症、台風シーズンと、まだまだ心配去らぬ頃おいなれど、暦のうえでは秋にございます。 どちらも様におかれましては、ますますご健勝にてお過しのことと喜ばしく拝し、祝着至極に存じあげます。 おかげさまにて当ブログも、本年五月三日に…

サーッ

――口上―― 老いの手すさび、若き友人らに手を曳かれましてついうかうかと、この日記を立上げましたるは五月の三日。おかげさまで六十七日目にございます。 こゝでひと言、ご挨拶申しあげます。 当初方針めいたものとてなく、眼目第一は、おのれの痴呆進行への…

チョン!

――口上―― かねてより耳にいたしてはおりました、ブログというもの、その実いかなるものやら、つぶさには承知いたしませぬままに、なにごとも経験をとおして体得してゆくに如くは無しとばかりに、エイヤッと立上げてしまいましてより、本日をもちまして三十五…

ズズッ

――口上―― ふと気づきますれば、当ブログ、立上げましてより、三十日目にございます。 もとより、時代遅れのネット弱者にございますれば、お見苦しきことども数かずと、承知いたしおるところにございます。 この間、どちらのどなた様とも存じ上げませぬ、八十…